解決された方のお声

市役所の市政だよりをみて、相談会に参加しました。

ご相談内容
市役所の市政だよりをみて、相談会に参加しました。

ご相談内容
相続の相談で、税理士の先生にお願いをしたのですが、話を聞いてみると実は、司法書士の先生が窓口になるとのこと。

結果
途中で司法書士の先生に変わって頂き、相続登記もスムーズにしていただきまいた。
わからないことだらけでしたので、大変助かりました。

市役所の市政だよりをみて相談会に参加しました。

ご相談内容
親がなくなったので、相続が発生し家族でもめていたので、市役所の市政だよりをみて相談会に参加しました。

ご提案内容と解決方法
日本全国対応して頂けるとの事なので相談すると、最初は弁護士の先生、その次は、税理士の先生と、司法書士の先生、最後に不動産屋さんと司法書士になりすと、説明を受け、全ての先生がおられましたので、安心して依頼させていただきました。

結果
まずは、家族でもめていましたので弁護士の先生に間に入っていただき無事売却の方向に。その後、遺産分配と税金関係及び書類の手続きを税理士の先生にお願いをし、そして、不動産の売却を不動産屋さんにお願いしました。代表の方が対応して頂いたので、買主さんもすぐに見つけていただきました。
対応の、速さにびっくりしました。代表の方が対応してくれたので、わからないことは、電話で直ぐに先生方に聞いて頂けたので信用できました。やはり業種的に怖いイメージがあり、騙されたくないが第一優先でした。最後に司法書士の先生にお願いしました。全ての先生が初対面ではなく相談会におられた方なので、親近感もあり、安心してお任せしました。ほとんど、お任せのところが多いので、不安はかなりあったのですが、司法の先生方ばかりなので、安心しました。連携が、すごく、これが自分で全員の先生を探さないといけないとなると大変だなと思いました。本当に、ありがとうございました。

脳梗塞になり、給料が下がり住宅ローンの支払いがかなりきつくなってきました。

ご相談内容
脳梗塞になり、給料が下がり住宅ローンの支払いがかなりきつくなってきました。
インターネットをみて、無料相談会に参加しました。

ご提案内容と解決方法
士業の先生方がおられ、相談すると任意売却という方法を説明して頂きました。他に選択肢がなかったので、お願いをしました。

結果
任意売却の手続きに、2ヶ月かかり、その後直ぐに案内をしていただき、案内後3日で契約になりました。
引越し、次の賃貸住宅も手伝いっていただき大変助かりました。これからも、よろしくお願いします。

住宅ローンを滞納し、どうしたらいいのかわからない。

ご相談内容
住宅ローンを滞納し、どうしたらいいのかわからず、どこに相談したらいいのかわからない日々を過ごしてきました。また怖かったのでどこにも相談できずにいました。
身内が、インターネットで見つけて、身内も立ち会ってくれるというので自宅まで来て頂けいました。

ご提案内容と解決方法
来て頂いたかたが、代表の方で色々な相談をしたところ、司法書士の先生、税理士の先生、弁護士の先生、全てその場から電話をして頂きお答えして頂きましたので、信用できると思い、依頼しました。

結果
債権者の金額が高かったので売却も苦戦しましたが、結果きちんと売却でき、債権者から引越し代は出なかったのですが、仲介手数料の中から、引越し代を頂きました。もっと早く相談したら、もっと早く気持ちが楽になったとおもいます。かなり気持ちが楽になりなしたので、これから頑張ろうとおもいます。ありがとうございます。

こんなことならもっと早く相談したらよかったと思います。

ご相談内容
インターネットで、問い合わせをし自宅まで来て頂けるとのことなので、お願いしました。来て頂いた方が、代表の方でした。

ご提案内容と解決方法
法的にわからないことがあったのですが、すぐに弁護士さんに電話で聞いて頂けましたので信用できましたのでお任せしました。

結果
その後、売却も代表の方なので営業力もありすぐに売却することができました。市役所の滞納も全てお任せでき、大変助かりました。 本当に今までのことが嘘のようであり、こんなことならもっと早く相談したらよかったと思います。 とても信頼のできる方でよかったです。

成功報酬で売れなければ費用はかからない。

ご相談内容
住宅ローンを、滞納し支払いが困難になりインターネットをさがしていたら巡り会いました。

ご提案内容と解決方法
色々電話をし、相談しましたが、決めさせていただいたのは、成功報酬で売れなければ費用はかからない、売却できても売却金額からのなかからなので、お金の用意をしなくていいというところと、代表者の方が担当して頂けるとのことなのでお任せしました。

結果
結果、売却も、スムースにして頂き引越しもできました。売却中も、色々分からないことがあったので相談すると、弁護士の先生、司法書士の先生、税理士の先生を紹介して頂き、安心して売却することができました。市役所の滞納も全部窓口になり対応して頂きました。本当にたすかりました。無事、再スタートをきることができました。まだまだ分からないことがありますのでこれからも相談に乗ってください。

裁判所からの封筒。

ご相談内容
裁判所から、封筒が来て慌てて市役所の市政だよりを見て相談会に参加ました。

ご提案内容と解決方法
お金が全くなかったので相談したところ、快く成功報酬なので売れなければ費用は全くかかりませんと言って頂きまた、売れたとしても売却金額から支払っていただくので、お金を準備して頂かなくてもいいと言って頂きましたので、安心してお任せする事ができました。

結果
新しいスタートして頑張ろうとおもいます。こんなことなら、もっとはやく相談していればもっと早く気持ちが楽になったとおもいます。
売却した時には、賃貸から引越しまで紹介して頂き、また引越し代金も頂きました。本当に感謝です。

交通事故で長期入院。住宅ローン返済不能。

ご相談内容
八尾市に住むYさんは地元の中小企業で勤続20年以上のベテラン社員でした。
役所相手の仕事が中心だったため収入は安定しており、自宅を購入して住宅ローンを組むことに何の躊躇も無かったそうです。
しかし、2年前に会社から自宅へ帰る際に交通事故を起こしてしまい長期入院することに。
しかも、パチンコ店に立ち寄ったことを理由に労災が認められなかったのです。
入院費と通院費を優先していたところ、住宅ローンの返済が続けられなくなったということでご相談いただきました。

ご提案内容と解決方法
Yさんは仕事復帰の目途が全く立っておらず、住宅ローンの返済は今後も難しいと判断。
任意売却による債務整理をご提案しました。
Yさんは入院中でしたので、主に奥さまが主導しての任意売却となりました。
販売開始当初は債権者の意向で相場より2割程度高い金額だったため反応は良くありませんでしたが、半年ほどして相場価格まで下がったところで契約となりました。

結果
病院に通院しやすいよう、引越し先は病院の近くにされました。
奥さまは就職活動中で、しばらくはYさんに代わり家計を引っ張っていかれるそうです。
貯金がみるみる減っていくのが本当に怖かった。
自宅は売ってしまったが、住居費用がだいぶ減って楽になりました。
本当にありがとうございました。

家賃収入でローン返済できるはずが、空き家状態が続き、ローン返済不能に・・・

相談内容
東大阪市にお住まいのSさん。
5年ほど前に不動産投資ローンを組んで2000万円弱で大阪市中央区に収益マンションを購入しました。
大阪市内の良い場所でのワンルームマンションだったので、家賃収入で十分ローンが返済できると思ってました。
毎月の返済金額は約7万円程で、しばらくは家賃収入でローン返済ができておりましたが、空き家の期間が少し長くなってしまい、その間は自分の収入から返済せざるを得なくなってしましました。
それから一気に長期に渡るローンの返済に不安になってきました。 残債もまだまだ多く、今後の生活に対しても不安になり、相談に来られました。

提案内容と解決方法
お仕事柄安定した収入は見込めましたが、将来的なことも考えた上で色々ご相談させて頂きました。
結果、売却するという方向性になりました。
しかし、ローンの残債が約1800万円、売却査定金額が1500万円ほどで、通常の売却では売却できないので、任意売却をすることになりました。
S様は物件のある大阪市内に在住ではなく、またお仕事の都合で1ヶ月近く連絡の取れなくなることもあるとの事でしたが、任意売却の手続きや債権者との交渉ごとは全てこちらの方で進めさせていただき、解決に向けて活動させて頂きました。

結果
販売開始後、しばらくは買い手が見つからず、また出張が多く連絡が取れずらいことが多かったと思いますが、ほぼ全ての手続きをお任せでき、今の仕事にも支障が出ずに仕事に専念できたので、とても感謝しております。
また、不安だったローンの返済も一件落着し、ホッとしております。
本当に有難うございました。

離婚しても連帯債務者は外せませんか?

相談内容
10年前に主人と私とで共有名義にして、住宅ローンも連帯債務で組んで、3,000万円で購入したマンション。
その後、子供が生まれたので私は仕事を辞めて、今はパート収入です。
昔からギャンブルが好きな夫だったので、マンション購入を機に私が給料を管理することになりましたが、数年前にクレジットカードでのキャッシングや消費者金融の借金が発覚しました。
借金総額300万円で、すべてギャンブルに消えたとのことでした。
切り詰めて貯めていた貯金をくずして借金を返済しましたが、隠れてまた借金をしていて、ついには給料も自分で管理するようになり、ろくに生活費も入れなくなりました。
住宅ローンも滞納している状況で、信頼関係も無くなり、離婚を決意しました。
でも共有名義と連帯債務なので、離婚を機に名義変更したいと思いますが、私の連帯債務は外せないのでしょうか?

解決方法
離婚をしても連帯債務者というのは外せないのが原則です。
滞納が5ヶ月を過ぎ、6ヶ月を過ぎると期限の利益が喪失し一括返済を求められ、その後払えないと競売の申し立てをされます。
そして期限利益を喪失した時点で金融事故(俗に言うブラックリスト)になってしまい、今後の信用状況に影響が出てしまいます。
住宅ローン残高は2,600万円でしたが、査定をしてみると全額返済ができる金額で売れるマンションだと判断。
ご主人とも面談し、今後のことを考え早期売却することで合意をしました。

結果
売り出し価格は、2,780万円。
仲介手数料や引越し費用などを考慮し、周辺相場よりも少し高めでしたが売出し時期が1月の引越しシーズンだったので、売れる可能性は十分にありました。
滞納6ヶ月を過ぎると期限の利益が喪失してしまうので、何とかローン返済を続けながら販売を開始しました。
資金に余裕はありませんでしたが、売出してから1ヶ月で2,750万円で売却することができ、見事に住宅ローンは全額返済することができました。
多少残った引越し費用で、奥様は近くの賃貸マンションに引越し、ご主人は千葉の実家へ引越しをしました。
「離婚後の住宅ローンの借金が無くなったことが本当に良かった」と喜んでいただきました。